1月の異称

各月の異称は結構ありますが、とくに1月を示す異称は多いです。
これらの異称は陰暦時代のものですので
現行の太陽暦での各月とは若干のずれがあります。


以下に一月の異称を示します。


・祝月(いわいづき)
・暮新月(くれしづき)
・早緑月(さみどりづき)
・初月(しょげつ・はつづき)
・新春(しんしゅん)
・太郎月(たろうづき)
・端月(たんげつ)
・子日月(ねのひづき)
・初春月(はつはるづき)
・睦月(むつき)
・孟春(もうしゅん)


こう並べてみますと、とても風情がありますね〜。。
ただ暮新月、早緑月、子日月などはあまり聞きませんね。


【春】という字が結構目に付きますが、
春のお彼岸へ向けてだんだん陽が伸びて、
徐々にですがお日様の軌道も上に上がってきています♪


昼下がりの午後、南向きのデッキに佇んでいると
どことなく春を感じるうららかな日もありますね。
新しい春がやってきます。
posted by 時候の挨拶 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各月の異称

(C) 時候の挨拶 1月〜12月 All Rights Reserved.