時候の挨拶慣用句【12月】

■慣例句

師走の候
寒冷の候
初冬の候
年末ご多忙のみぎり
年末厳寒の折
年末余白少なき折
歳末多端の折
年末ご多忙のみぎり



■やわらかい表現

歳の暮れも押し迫りましたが
寒さもいっそう身にしむ今日この頃
木枯らしの季節となりました
吹く風もいっそう身にしむ年の瀬となって
歳末商戦がいっそうあわただしさをかきたて
いよいよ年も押しつまり、あわただしい季節になりました
今年も押しつまりました
今年も残り少なくなりました
師走のあわただしい季節になりました
年末ご多忙の折から
迎春の準備に何かと気忙しい折から
年の瀬例年のごとく心せわしい昨今
今年もあわただしく過ぎていこうとしており
街にジングルベルの曲が流れる頃となりました



■時候の挨拶所感

いよいよ1年の最終月、師走です。
お正月が終わると、2月は逃げるように去り、
梅が咲いたかと思いきやお彼岸が来て、
そうこうしていると桜が咲き、新生活がスタート
ゴールデンウィークもあっという間に過ぎ去ると
入梅、そして梅雨が明けると一気にお盆休みへ突入します。「ふーっ」
お盆が終わると、坂を転がるように秋の国へ
秋は祝日が多いので月日のめぐるスピードも早いです。。
紅葉から落葉の季節を過ぎるとあっという間に、、師走です^^;
ですもの1年などまさしく光陰矢のごとしです・・・

禅師のごとき落ち着いた人まで多忙で走り回るようになる
というので師走といわれるようになりました。
さすがに12月に入ると、寒さが日増しにつのり
日一日と冬至に向かって日が短くなっていきます。
季節風が吹いて、初氷がはり、霜柱が立ち始めます。

時候の挨拶としては、気象系より
年末のあわただしさを表現したものが多いですね。
若者の年末一大イベントといえば、クリスマスですね♪
「街にジングルベルの曲が流れる頃」っていうのも
時候の挨拶としてはオシャレな感じでいいかもしれませんね。

そして大掃除に年越しそばで締めです。。
あなたにとって新年が良き年でありますように。


posted by 時候の挨拶 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時候の挨拶: 12月
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3598127

(C) 時候の挨拶 1月〜12月 All Rights Reserved.